ベンチャー企業立ち上げの税理士を探すには - ベンチャーの味方・税理士に相談しよう

ベンチャーの味方・税理士に相談しよう

ベンチャー企業立ち上げの税理士を探すには

これからベンチャー企業を立ち上げるときは、税理士によく相談するといいです。
チャレンジ要素の大きい起業とはいえ、できれば成功させたいですよね。
税理士に相談すれば各種のサポートなどを受けられるため、ベンチャー企業がうまくいく確率も高くなりますよ。
とはいえ、この起業に取り組むまで、税理士を利用したことがなかった方も多いでしょう。
どのように利用し、どう相談や依頼をすればいいのでしょうか?

まず税理士の基本的な利用方法は、個別に税理士を探したうえで、その人まで相談するという流れになります。
相談の流れや、対応できる相談や依頼の内容、それにかかる費用は、それぞれの税理士によって変わります。
これは税理士という職業の特徴によるものです。
税理士は士業の1つになりますから、資格を取って税理士となった方は、基本的に独立して事務所を構え、それぞれで独自に相談や依頼を募集し、請け負っています。
大手の税理士法人などなら、サラリーマンのように勤め人として働いている税理士もいますが、基本的には独立開業している職業ですから、相談したいときも利用者の方で自由に相手を選ぶ形になります。

税理士も仕事を募集するため、独自のHPを作ったり、電話帳に名前を載せていたり、誰かに紹介を頼んだりと、営業活動はしているものです。
それら情報を頼りに、ベンチャーにピッタリな税理士を探してみてください。
税理士によって合同会社設立に強い、専門分野があるなど特徴があるものです。
よくわからないことや、各税理士へ問い合わせたいことがあれば、遠慮なく問い合わせてみるといいです。
ベンチャーに対応できるかといった質問でもOKですから、気になる相手がいれば気軽に質問してみましょう。

相談する税理士が決まったら、あとはその方とやり取りする中で相談の日取りや打ち合わせをしていくわけですが、このような税理士が見つからなかったり、料金が不安だったりする場合もありますよね。
そんなときに使えるのが、税理士による無料の相談会や、初回相談を無料としている税理士事務所です。

税理士による無料の相談会とは、起業支援の団体などが主催する会で、起業希望者が自由に税理士へ相談できる特殊な会ですね。
料金はかかりませんし、何より税理士という人たちと気軽にお話できます。
相手がどんな人たちで、こちらの相談にどう返答してくれるのか、ちょっとしたお試し利用ができるわけですね。
ちょうどこの税理士による相談会があれば、チャンスです。
試しに足を運んでみて、気になっていることを相談してはいかがでしょうか?

このような相談会が特に見つからない場合でも、このような税理士のお試し利用はできます。
一般の税理士事務所でも、初回の相談は無料としている場合があるからです。
そこでとりあえず相談してみれば、税理士がどんな人たちなのかわかりますよ。

このような機会を使えば、ベンチャーのことを無料で税理士に相談できるわけですが、無料相談では個別の案件への回答は得られない場合もあります。
ここではその相談した内容に対する一般的な回答をするだけであり、相談者の個別の事情まで含めて、どうすればいいかといった踏み込んだ回答は、この段階では得られない場合が多いですね。
無料相談はあくまで税理士の体験利用や、相談の入り口といった扱いになりますから、ここで得られるサポートだけでベンチャー企業を立ち上げるのは難しいですね。
特にベンチャーのための税理士のサポートとは、たとえば起業相談や会計の代理、顧問の依頼など、税理士の本格的な利用になることも多いでしょう。
そのような相談や依頼は、無料相談の段階では難しいですから、注意してください。

自分が考えているベンチャー企業の設立について、税理士から本格的なアドバイスやサポートを依頼したいなら、正式に依頼する税理士を決定の上、その方に依頼しましょう。
正式な相談や依頼の手順は、その税理士と相談や依頼内容の打ち合わせをした上で、費用面の見積もりも出してもらい、合意ができたら利用をスタートというものです。
ちなみに正式に税理士へと依頼する場合、相談だけでも有料となるのが基本です。
それだけに回答の質は無料相談のときより高くなり、相談者の個別の事情や希望に合わせて、踏み込んだ回答をしてもらえます。

不確定要素が大きいベンチャーに関しても、かなり実践的なアドバイスをもらえるでしょう。
特にそのベンチャーの業種について、その税理士が詳しい場合、業種特有の注意点なども教えてもらえます。
ただの相談とはいえ、税理士の専門知識に基づいた回答となり、質はかなり高いです。
そのようなアドバイスほどベンチャーには必要でしょうから、相談料はしっかり出すことをオススメします。

このような方法で、起業関係の相談や依頼がある方なら、誰でも税理士を利用できます。
ベンチャー企業を設立する予定なら、まさに税理士へ相談したいこと、頼みたいこともたくさんあるでしょうから、ぜひベンチャーサポート税理士法人を利用するといいです。
そのおかげで起業計画が確かになったり、起業の手間が減って本業に集中できたりと、起業が成功する確率も高くなりますよ。

top